松田亘哲は名古屋大学のどこ学部?プロフィールや異色と言われる経歴もご紹介!

2019年ドラフト会議にて中日ドラゴンズより育成1位に指名された松田亘哲投手。

名古屋大学の硬式野球部に所属しているのですが、一体何学部であるのかについてご紹介していきます。

また、松田投手のプロフィールや異色と言われる経歴についても触れていきますよ!

松田亘哲は名古屋大学のどこ学部?

早速、松田亘哲投手の学部についてですが、名古屋大学の経済学部経済学科であります。

一般入試で入学された松田投手ですが、受験勉強の息抜きに観ていたプロ野球で「大学に入ったら硬式野球部に入る」という思いが募っていったとのこと。

後程詳しく触れますが、松田投手は硬式野球は大学からのスタートである為、異色の経歴の持ち主と言われているのです。

ちなみに、名古屋大学からのプロ入りは史上初とのことでした!

それでは松田投手のプロフィールに続きます。

松田亘哲のプロフィール

それでは松田亘哲投手のプロフィールについてです。

  • 身長・体重:176cm・80kg
  • 生年月日:1997年05月16日
  • 出身地:愛知県岩倉市
  • 投・打:左・左
  • 守備:投手

メガネがトレードマークの秀才投手。高校時代はバレー部に所属し、国立大学に進学後、野球を再開したという異色の経歴を持つ。1部リーグでのプレー経験はないが、最速148キロ左腕の伸びしろは群を抜く。

引用:https://www.chunichi.co.jp/

松田亘哲の異色と言われる経歴について

異色と言われる経歴の理由は先程もチラッと触れましたが、高校の時にはバレー部所属であったから。

そんな松田亘哲投手の経歴を以下にまとめてみたいと思います!

小学、中学時代

小学1年時に野球を開始。ドラゴンズのファンであった。その頃からポジションはピッチャー。

中学生でも野球を続けて、中学2年時、愛知県大会の決勝進出。中学3年時は初戦で敗退となってしまう。

この時の心情を松田投手はこのように語っていました。

「中学では3番手。言い訳になっちゃいますが、体格的にも恵まれてはいなかった。1学年10人のなかで後輩にもうまいのが入ってきて、レギュラーも取れるかどうかの瀬戸際で。この先硬式では厳しいなと悟って、自分から野球を離れたんです

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

高校時代

高校時代では野球を離れバレー部に所属。理由はというと、中学時代の友達がバレーボール部に入部したから。(高校は愛知県立江南高校出身)

高校3年間は野球には全く触れず、バレーボールに熱中。3年間で完全にやり切ったとのこと。

しかし、この期間があったからこそ、もう一度プロ野球を目指そうと思えたと振り返っています。

「高校野球をやらなかったことの後悔はないです。野球を続けていたら今の大学に入れてなかったかもしれないし、多くの子のようにそこで燃え尽きていたかもしれない。僕の場合、冷却期間を置いたからこそ今があると思ってる。逆にあのときあきらめたからこそ、今は本気でプロを目指してみたい

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

大学時代~プロ入りまで

3年のブランクに最初はまともにストライクも取れなかったが、球速は120キロを記録。信頼できるトレーナーとの出会いもあり、3年間で148キロを記録するまでに伸びた。現在は7球団から調査書が届いており、一躍ドラフト候補として名が挙がるまでに急成長を果たした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

大学で初めての硬式野球であったにも関わらず、最初から120キロをマークするなんて、種目は違えどスポーツを続けていたからなのかもしれません。

そしてその土台があった上に、さらに努力を重ねた結果、プロ入りという念願の夢を果たすに至ったのです。

  • 細い体を変化させるため、1日5,000キロカロリーの食事摂取。
  • かさむ食費を補うため、塾の講師のバイトも行っていた。

プロ入りの影にはこうした並々ならぬ努力があったのでした。

さいごに

一度は野球から離れたものの、大学時代で再度チャレンジし、誰もが一度は憧れるであろう野球選手へと登り詰めた松田亘哲投手。

夢を夢で終わらせない、チャレンジすることの大切さをこの記事を書いてく上で感じましたね。これからの活躍が本当に楽しみな選手であります。

さて、そんな松田投手は野球漫画「グラゼニ」の凡田夏之介に似ていると言われているんです。まさに実写版凡田夏之介ですよ!要チェックです!!

松田亘哲がグラゼニの凡田夏之介に似ている!比較画像で検証

SNSでシェアしてみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です