えっ…シャボン玉が?凍る温度や作り方について調べてみた!【動画有り】

あなたはシャボン玉が凍るって知っていますか?

私は知りませんでした。というかシャボン玉が凍るなんて発想自体が無かった・・・(笑)

ですがその光景を目の当たりにすると、とっても幻想的で感動モノです。

あまりにも感動したので自分でも作れないか?と思い、シャボン玉の凍る温度や作り方についてまとめてみました!

合わせて、シャボン玉が凍っていく様子の動画もご紹介していくので、あなたも感動してみませんか?

シャボン玉が凍る温度とは?

シャボン玉が凍る温度は通常「-15℃ 」と言われています。

ですが、シャボン玉液によって凍る温度は異なります。

  • -10℃で凍るもの
  • -4℃でも凍るもの

-4℃で凍るシャボン玉液についてですが、これは開発された商品であるようです。

というのも、シャボン玉が凍るとされる「-15℃」までには達しないけれど、けれど-4℃ぐらいにはなる。

それぐらいの寒さでも凍るシャボン玉は作れないか?という思いから、生まれたのが「凍るシャボン玉液」です。

これについて詳しく知りたい方は、以下のサイトをご覧になっていただければと思います。

そのシャボン玉液も購入できるようですよ~!

八ヶ岳白樺林リラクゼーション

シャボン玉が凍っていく様は美しい!

前項でシャボン玉液によって、凍る温度は異なると言いましたが、凍っていく様子も異なります。

それでは早速、瞬間的に凍っていく様子をご覧になっていただきたいと思います。

いかがでしょうか。比較的シャボン玉が出来上がってから、凍るのが早かったですよね。

お次にご紹介する動画は、先ほどの動画よりもじわじわと凍っていく動画となっております。

じわじわと凍っていく分、氷の結晶の動きが良く分かる動画となっていますね。

ちなみに、凍るシャボン玉は非常に繊細で少しでも触れれば割れてしまいます。

凍るシャボン玉の作り方

先程、凍るシャボン玉の美しい動画をご覧になっていただきました。

ここでは、それを実践するための「凍るシャボン玉液」についてご紹介していこうと思います。

調べてみたところ、2通りのやり方がありましたので、両方ご紹介していきますね。

それではまず一つ目の方法です。

材料
  • 温水(200ml)
  • コーンシロップ(35ml)
  • 食器用洗剤(35ml)
  • 砂糖(大さじ2)

これらの材料を使って綺麗な凍るシャボン玉をつくるポイントは2つ!

  1. 上記の材料をよく混ぜ合わせる
  2. 冷凍庫で軽く冷やす

お次に二つ目の方法です!

材料
  • 洗剤(中性洗剤)(50ml)※界面活性剤35%以上のもの
  • 洗濯のり(100ml)
  • 水(ぬるま湯)(400ml)
  • 砂糖(15g)

洗濯のりや砂糖をいれることで、粘り気が出て普通のシャボン玉より割れにくくなる効果アリ!

シャボン玉が凍ると言われている「-15℃」になった際は、いずれかの方法をとって「凍るシャボン玉」にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね^^

まとめ

  • シャボン玉の凍る温度は、通常「-15℃」と言われている。
  • 凍るシャボン玉液の作り方は2通り。いずれも水、食器洗剤、砂糖を使用しているが、違いはコーンシロップか洗濯のりを使用するかの違いである。

SNSでシェアしてみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です